レーシックとは?

banner レーシックとはいったいどんな治療なのでしょうか。レーシックはLaser in Situ Keratomileusis「レーザーを角膜に照射し、修正する」という意味の頭文字を取った略語です。つまり、レーザーを使用して眼の角膜を薄く削り、屈折力を調整して視力を回復させるという手術なのです。日本では2000年1月厚生労働省がレーシックの安全性を認めて以来、メガネやコンタクトに代わる第3の視力矯正方法として注目されています。近年、芸能人やスポーツ選手など著名人がレーシックを受けている影響もあり、アメリカの130万人には及びませんが、日本でも年間約45万件のレーシックが行われています。
近視・遠視・乱視の人、メガネやコンタクトが煩わしい人、左右の視力差が激しい人、ドライアイやアレルギーがひどくコンタクトをすることができない人、スポーツをする人、メガネやコンタクトが原因の肩こり・頭痛・眼精疲労で悩んでいる人などはレーシックを検討してみてはいかがでしょうか。
レーシックは手術時間も数分程で終わり、入院する必要もなく、そのまますぐに帰宅できます。気軽に手術を受けることができるのも手術が増えてきた理由の一つでしょう。

注目コンテンツ

世界が認める技術と実績

記事をみる

レーシックの安全性は?痛みは?

記事をみる

40歳からのレーシックで遠くも近くもはっきり

記事をみる

Copyright(c) レーシックの実績と技術で最高レベルの品川近視クリニック. All Rights Reserved.